テレビ東京、自治体と組みグルメバラエティー

文化往来
2020/9/26 2:00
保存
共有
印刷
その他

「畑そのまんまレストランにする。in高崎」に出演した乃木坂46の久保史緒里(C)テレビ東京

「畑そのまんまレストランにする。in高崎」に出演した乃木坂46の久保史緒里(C)テレビ東京

テレビ東京系で9月26日に放送する「畑そのまんまレストランにする。in高崎」(午後4時)は地方自治体と組み、地元特産の食材を使ったフルコースを一流シェフが即興で料理し、その場で地元の人たちに振る舞うバラエティー番組だ。「地方創生といわれるが、民放テレビ局として番組という形で解決できないか。日本の良さをコロナ禍だからこそ伝えていきたい」と伊藤隆行チーフプロデューサーは語る。

舞台は農業が盛んな群馬県高崎市。パンサー、シソンヌ、丸山桂里奈、乃木坂46の久保史緒里らが「食材調達チーム」となって農家を訪ね、野菜や果物などを収穫。東京・恵比寿に店を持つ小泉洋シェフら「調理チーム」がその食材を使い料理する。

地元の食材を料理する番組は他局にもあるが、即興でフルコースを作るのがこの番組ならではという。番組を企画した博報堂ケトルの畑中翔太プロデューサーは「何をどれくらい収穫できるか、ロケ当日にならないとわからない即興グルメバラエティー。収穫した食材をオンラインで報告し、料理を作ってくれという"むちゃぶり"をポイントにしたいと思った」と話す。地方自治体がスポンサーとなり、ロケ収録にも協力を得たという。収穫体験など、番組にちなんだバスツアーも販売するという。

「番組で使用した食材の95%は高崎市のもの。魚や豚肉、日本酒、味噌などの特産品もあり、アンテナショップを番組に詰め込んだようだった」と畑中プロデューサー。伊藤チーフプロデューサーは「農家の人がこれほど前面に出てくる番組はなく、地元農家しか知らない珍しい食材もある。全国に展開できれば」とレギュラー化も視野に入れる。放送終了後は「ネットもテレ東」「TVer」で配信する。

(関原のり子)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]