無人駅、映像+音声で案内 JR東海がモニター設置へ

2020/9/24 15:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

JR東海は10月9日から、愛知県西部を走る武豊線で無人駅の6駅に案内用モニターを備える。インターホンと併設して運賃の精算などを補完する。音声に限らず映像でも連絡が取れるため、耳の不自由な乗客も便利になる。

案内用モニターの設置は東海道新幹線や特急の指定席券売機では例があるが、近距離の券売機では同社初の試み。全国の鉄道各社でも珍しいとみられる。

武豊線に8つある無人駅のうち緒川、東浦、亀崎、乙川、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]