日経商品指数17種

(1970年平均=100)
10月30日 147.769 -0.664

[PR]

商品ニュース

ラニーニャ意識、農産物が高値 異常気象で収量減観測も
投機筋がトウモロコシなど買い 過去には相場高騰も

2020/9/18 22:34 (2020/9/19 5:14更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

農産品の先物相場が天候不順の原因となる「ラニーニャ現象」のリスクを織り込み始めた。世界各地で発生する豪雨や高温などの異常気象を現象の前兆とみた投機筋が買い注文を入れている。新型コロナウイルスのまん延で市場参加者がリスクに敏感になった面もある。過去には相場が急騰した例がある。

気象庁は今月上旬、「2020年8月にラニーニャが発生したとみられ、冬にかけて継続する可能性が高い」との見方を示した。日本で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム