インドネシア、データ移転規制が招くクラウド特需

アジアBiz
2020/9/18 21:15
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

インドネシアでデータセンターの開設ラッシュが続いている。けん引役は米グーグルや米アマゾン・ドット・コム、中国アリババ集団などのクラウド大手だ。インドネシア政府がデータを自国に保持するよう求めたことを受け、シンガポールなどに拠点を置いていた各社が進出した。規制が市場の成長に拍車をかける一方、クラウド事業のコスト増も懸念される。

「東南アジアで最も創造的で活気があり、起業家精神に富んだ国の1つだ」。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]