バフェット銘柄になった商社 「進化論」まとめ読み

2020/9/21 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本の総合商社が世界の投資家から注目されました。著名投資家ウォーレン・バフェット氏率いる米バークシャーハザウェイが8月末、伊藤忠商事、三菱商事、三井物産、住友商事、そして丸紅の5大商社株を5%超取得したためです。バフェット氏が日本企業に本格的に投資するのは初めてとみられます。投資だけでなく、将来の協業への期待もにじませました。

折しも商社業界は大き…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]