無人船、国内輸送に「助け舟」 日本郵船やNTT

2020/9/23 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

人が乗船しない無人船が2025年にも出航する。日本郵船やNTTなどは国内の海上輸送を担う内航船で、衛星通信や高速通信規格「5G」を使った遠隔操船や、人工知能(AI)による航路策定技術の開発を急ぐ。資金援助する日本財団は40年に内航船の半数の無人化をもくろむ。無人船は高齢化と担い手不足に苦しむ国内海上輸送の「助け舟」となるか。

陸の操作室から数百キロ離れた海上の船を操作する――。無人運航は海運各社…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]