バランス型投信、個性派続々 選び方のコツは
編集委員 前田昌孝

前田 昌孝
投資信託
編集委員
学ぶ
2020/9/24 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

3回目の「大解剖バランス型投信」では、多様化する投信の選び方と注意点を探る。

■商品性の見極めが重要

金融庁が老後への備えには、バランス型運用が最適と解説していることもあり、少額投資非課税制度(NISA)や企業向け・個人向け確定拠出年金ではバランス型投信を選ぶ人が多い。しかし、ファンドに直接、株式や債券を組み入れる古典的なバランス型投信は今や少数派だ。大半はファミリーファンド方式かファンド・オブ・…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]