/

この記事は会員限定です

菅政権の「官邸官僚」 霞が関のバランス重視

[有料会員限定]

菅義偉首相は首相官邸の官僚人事で出身省庁のバランスを重視した。杉田和博官房副長官ら内政、外交に関わる幹部は再任し、経済産業省出身が目立った安倍晋三前首相の側近は官邸から離れた。目指す縦割り行政の打破に向け、官僚をいかに使いこなせるかが政権運営の要となる。

3人いる官房副長官のうち事務方トップの警察庁出身の杉田氏を再任した。第2次安倍政権発足以降、一貫して安倍前首相と官房長官だった菅氏を支えた。外交...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り543文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン