/

茨城・東海村、原発問題の講演会 住民の意向把握

茨城県東海村は19日、講演会「"原発問題"を自分のこととして考えるとは?」を東海文化センターで開く。原子力発電所に関する課題について住民が自らの問題として話し合う「自分ごと化会議」の意義や成果を学ぶ。同村にある日本原子力発電の東海第2原発に対する住民の意向を把握する一環として行われる。

自分ごと化会議は、選挙人名簿から無作為に選ばれた市民が議論を行う。2018年度には島根原発がある松江市の市民が会議を開き、国や県、市、中国電力などに提案書を提出した。

講演会は、松江市で行われた会議を推進する政策シンクタンクや実行委員会関係者、東海村の山田修村長らが登壇する。午後1時30分から4時15分まで。入場無料。動画投稿サイト「ユーチューブ」の同村の公式チャンネルでもライブ配信する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン