四国水族館がオンラインサロン 地域の歴史や文化紹介

2020/9/18 19:52
保存
共有
印刷
その他

香川県宇多津町にある四国最大級の水族館、四国水族館は、ネット上の有料会員制コミュニティーであるオンラインサロンを開設した。水族館の生き物が生息する地域の歴史、文化などを動画で紹介する。新型コロナウイルスの感染状況を見定めた上で、会員限定の野外観察ツアーなどのイベントも企画する。

四国水族館のオンラインサロンでは、タコ縄漁の様子を動画配信する予定

月3本のペースで動画を配信する。瀬戸内海に浮かぶ小手島(香川県丸亀市)でのタコ縄漁や、小豆島で里山の風景が残る棚田「中山千枚田」を取り上げる予定だ。地元の地域資源を取り上げ、興味を深めてもらうと共に、観光需要も喚起する。

海洋生物環境学が専門でアカウミガメを研究する松沢慶将館長が生物の生態などを解説する講義もある。トークイベントのライブ配信も予定しており、動画の一部は後日閲覧することもできる。

オンラインサロンの入会には、DMM・com(東京・港)のネットサービスへの会員登録が必要。月会費は2020年末までは500円、以降は800円となる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]