堀硝子、厚木市の大規模開発地区に本社移転

2020/9/18 19:18
保存
共有
印刷
その他

自動車部品製造の堀硝子(神奈川県厚木市)は同市内の大規模開発地区「森の里東地区」に本社を移転する。市が企業誘致を進めている地区で、6月に区画整理が終わった。同社の主要取引先である日産自動車の拠点に近い利点がある。2021年5月の操業開始を目指す。

同地区の土地6860平方メートルを取得した。研究開発機能も新本社に移す。現本社は老朽化が進んでいたこともあり、移転を決めたという。

森の里東地区は全68ヘクタールで、現在も一部の区画整理が続いている。進出企業は堀硝子で4社目。3ヘクタールを越える区画もあり、市は大手メーカーなどの進出を期待している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]