/

この記事は会員限定です

株、持ち高両にらみ 不安定相場に「バーベル投資」

証券部 長谷川雄大

[有料会員限定]

株式相場に膠着感が広がる中で成長性に注目した銘柄と、利回りや業績の安定性などを重視した銘柄と、二兎(にと)を追う戦略が広がっている。両極端の性格の株でポートフォリオを組む「バーベル投資」だ。世界経済の先行き不透明感が強い中で、一方向に持ち高を傾けたくない投資家心理を映している。

「ハイテク株を一部残しつつ、化粧品メーカーやレジャー関連株を増やしてバーベル投資的な持ち方に変えた」。仏系運用会社コム...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1089文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン