DCMが島忠へTOB検討 ホームセンター、相乗効果見極め

2020/9/18 18:59 (2020/9/19 5:17更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ホームセンター大手のDCMホールディングス(HD)が埼玉県などが地盤の同業、島忠に対し株式公開買い付け(TOB)の検討を始めたことが18日、分かった。新型コロナウイルスの流行による巣ごもり消費を背景に、ホームセンターは日用品を中心に需要が拡大する。今後相乗効果などを見極め、実施するかを判断する。

DCMHDは2006年にカーマ、ダイキ、ホーマックが経営統合して発足。15年にサンワドー、16年には…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]