/

この記事は会員限定です

コロナ、注目研究でも米中が圧倒 政治対立波及に懸念

日経・クライベイト共同調査

[有料会員限定]

日本経済新聞社は学術データ大手の英クラリベイトと共同で、新型コロナウイルス研究に関する国別の動向を分析した。論文の注目度を表す被引用数で中国が1位、米国が2位だった。論文の量だけでなく質でも米中が他国を圧倒し、2強体制でけん引している。ただ米中のデカップリング(分断)が顕在化しており、研究推進への懸念が広がる可能性もある。

研究論文の世界では、数以上に、ほかの研究にどれくらい引用されるかという被引...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2279文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン