電事連会長「大変ありがたい」 核ごみ処分場の検討で

2020/9/18 18:42
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

電気事業連合会の池辺和弘会長(九州電力社長)は18日の定例会見で、北海道寿都町などが高レベル放射性廃棄物(核のごみ)最終処分場選定につながる調査の応募を検討していることを受け、「関心をいただけるのは大変ありがたい」と話した。原子力発電の重要性を強調したうえで「国などと連携して地域への対話を続ける」と述べた。

原発から出る核のごみの処分を巡っては、8月に寿都町が最終処分場誘致の第1段階となる「文献…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]