ゼタ、洗濯できる高機能マスク ウイルス捕集効果持続
地域発世界へ

2020/9/20 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京工業大学発スタートアップのゼタ(松山市)は極微細な繊維「ナノファイバー」を効率的に生産する技術を持つ。同繊維で作った不織布マスクはウイルスを捕まえる力が強く、洗濯して繰り返し使える。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、世界の高機能マスク需要は依然として高い。韓国マスク大手と連携して年内にも現地生産を始め、海外市場の開拓を目指す。

「2年越しの宿題がやっと解けた」。ゼタの高橋光弘会長は笑みをこ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]