/

この記事は会員限定です

米日用品・食品が「差別」排除 黒人イラストなど改廃

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

米国の大手日用品・食品メーカーが人種差別的と取られかねない商品の改廃に動いている。5月にミネソタ州で黒人男性が白人警官に押さえつけられ死亡したことを機に全米に抗議活動が広がっており、企業も神経質になっている。黒人のイラストを使ったり、「美白」など白いことが美徳と訴えたりする商品が対象だ。100年を超す長寿商品も姿を消すことになった。

ペプシコ傘下の食品子会社クエーカー・オーツ・カンパニ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1397文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

「日経産業新聞」をお手元のデバイスで!

スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できるようになりました。最初の1カ月間無料で体験いただけます(初回限定)。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン