大解剖バランス型投信 超慎重運用の落とし穴
編集委員 前田昌孝

前田 昌孝
編集委員
学ぶ
2020/9/22 2:00 (2020/9/22 5:14更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

1本で複数資産に投資するバランス型投信は一般的には相場が乱高下する中でリスクを抑える効果が高いとされている。果たしてそうなのか。今回の新型コロナウイルス感染拡大の局面では、基準価格が投資家も驚くような軌跡をたどったファンドも目立った。「大解剖バランス型投信」では各投信の実態と実力を3回に渡り検証する。

■相場について行けなかった人気投信

何度も優秀ファンド賞を受賞し、全国の銀行、証券会社で大量に販…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]