/

この記事は会員限定です

大解剖バランス型投信 超慎重運用の落とし穴

編集委員 前田昌孝

(更新) [有料会員限定]

1本で複数資産に投資するバランス型投信は一般的には相場が乱高下する中でリスクを抑える効果が高いとされている。果たしてそうなのか。今回の新型コロナウイルス感染拡大の局面では、基準価格が投資家も驚くような軌跡をたどったファンドも目立った。「大解剖バランス型投信」では各投信の実態と実力を3回に渡り検証する。

相場について行けなかった人気投信

何度も優秀ファンド賞を受賞し、全国の銀行、証券会社で大量に販売...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2070文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン