/

この記事は会員限定です

菅政権始動、市場が探す「改革のセンターピン」

編集委員 小平龍四郎

[有料会員限定]

行政の縦割りを排し、既得権益は打破。規制改革を断行――。菅義偉新首相の言葉には、株式市場が好みそうなメッセージがちりばめられている。しかし、投資家の反応は意外におとなしい。大きな理由は「改革のセンターピン」が見えないことだ。

菅首相は竹中平蔵氏が総務相だった時の副総務大臣であり、小泉純一郎政権の新自由主義的な考え方に影響を受けているとされる。実際の政策は「競争政策路線となる可能性が高い」(BNPパ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1827文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン