地域ニーズ細かく、ヤマナカ 品ぞろえを店舗主導型に

2020/9/18 19:25
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

愛知県を中心に食品スーパーを63店舗展開するヤマナカは、本部主導の店舗運営を見直す。地域でニーズが違う商品を中心に品ぞろえは、本部から各店舗が担う形に改める。新型コロナウイルス禍で消費者の選別志向が強まる中、生鮮食品を中心にドラッグストアなどとの競争に立ち向かう。

「同じ愛知でも西側にある店舗は牛肉、東側は豚肉と地域ごとに志向が異なる。現場に近い店長自らが課題解決に取り組むべきだ」。ヤマナカの中…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]