/

この記事は会員限定です

深谷もやし、細くてもコシ 脱・節約食材

手作業にこだわり、本来の味わい

[有料会員限定]

節約食材の代表のもやしだが、埼玉県深谷市でもやし生産・販売を手掛ける飯塚商店の「深谷もやし」は「日本一高価なもやし」を標榜する。直売所などでスーパーの店頭の5倍以上の価格で販売。安売りが常態化するもやし市場にあって、価値を向上させたいと情報発信を続ける。

飯塚商店のもやしはブラックマッペというミャンマー産の豆を原料にしている。スーパーでよく目にする「緑豆太もやし」と比べると、茎が細長く、根や豆を残...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1044文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン