/

この記事は会員限定です

牛・豚肉、海藻でうまみアップ

地元産品を活用、飲食店も注目

[有料会員限定]

日本人の食生活を支えてきた海藻を、牛や豚のエサに混ぜて育てる取り組みが広がってきた。海藻の豊かな栄養素が牛や豚を健康に育て、肉のうまみや甘みを増す。生産量はまだ限られているが、飲食店での味の評価は高く、口コミで徐々に人気が出始めている。

「豚の脂がさらっとしていて、独特の臭みもない」。良品計画が運営する「Cafe&Meal MUJI ホテルメトロポリタン鎌倉」の店長の松木健太郎さんは、「鎌倉海藻ポーク」を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1172文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン