/

この記事は会員限定です

スガノミクス期待と不安 「真理は細部」忘れずに

編集委員 前田昌孝

[有料会員限定]

菅義偉首相は就任前の9月13日のテレビ番組で、政府の政策決定後も反対姿勢を続ける官僚について「異動してもらう」と明言した。スピード感のある政策運営が期待できそうだが、問題はボタンの掛け違いのリスクだ。総務相時代の2007年に創設したふるさと納税制度も、いつの間にか郷土愛どころか「国民のおトク感」をくすぐる政策に様変わりした。携帯電話料金の引き下げも焦点がずれている感じがする。真理は細部に宿っている...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2454文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン