猛毒と「不都合な真実」

風見鶏
古川 英治
編集委員
2020/9/20 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米ソ冷戦期に軍の極秘中の極秘だった化学兵器「ノビチョク」が世界を震撼させている。ロシアの反体制指導者、アレクセイ・ナワリヌイ氏がこの猛毒を盛られた疑惑が深まっている。

ナワリヌイ氏が一時意識不明の重体に陥った8月20日に搭乗したシベリア発モスクワ行き飛行機内の映像がネット上に投稿されている。姿は映っていないが、苦しむ同氏の叫び声が響きわたる。あまりの痛ましさに耳をふさいでしまった。

ナワリヌイ氏…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]