日本交通、お迎え時間を5分に半減 車の位置毎秒把握

DXTREND
2020/9/23 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

タクシー最大手の日本交通(東京・千代田)が、データを活用し客と車を素早く引き合わせている。全車の位置を毎秒把握して配車時間を5分に半減。利用実績から道路1本単位で「客がいそうな場所」を予測するシステムもグループ会社で開発した。新人運転手が初日から中堅並みに稼げる仕組みを作り、業界の働き方まで変えようとしている。

3月、東京23区などを走る約4700台全てに、独自開発した新型タブレットの導入が完了…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]