/

この記事は会員限定です

エヌビディア、アーム買収のなぜ(3)課題は中立性

[有料会員限定]

米半導体大手のエヌビディアが買収する英半導体大手のアームは、幅広い企業に半導体の設計IPを提供するビジネスモデルを展開している。エヌビディアの傘下に入ることでデータセンターなどのインフラ分野などでの相乗効果が出せる一方で、競合する半導体大手などにとっては「中立性」が損なわれるとの指摘もある。Q&A方式でアームを取り巻く環境をまとめる。

Q アームは何を手がけている会社なのか。

A 米インテルが自前...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1288文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン