/

この記事は会員限定です

Zoomgals コロナの実情、ビートに乗せ素早く発表

日本語ラップが映す社会(4) 大和田俊之(ポピュラー音楽研究者)

[有料会員限定]

東京や大阪などでいまだ緊急事態宣言が続く5月20日、あるミュージックビデオがYouTube上に挙げられた。「Zoom」と題された曲の冒頭、コロナ禍で一気に浸透したウェブ会議用ツールの画面が6分割され、valknee、田島ハルコ、なみちえ、ASOBOiSM、Marukido、あっこゴリラと名前が表示される。やがて、それぞれのラッパーが次々に「入室」し、軽快なビートに合わせてマイクリレーが始まるのだ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1426文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン