感染者情報システム、遅れた全国稼働 現場の不信感

コラム(テクノロジー)
2020/9/28 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルス感染者らの情報を共有する政府の新システムが稼働から約4カ月を経て、9月10日からようやく全国で利用が始まった。東京都港区が不備を訴え、厚生労働省がシステムを改修したためだ。

当初のシステムに対しては現場の意見や過去の経緯を踏まえずに構築されたという指摘が多く、今も政府のシステム展開は後手に回る。今後の活用も説明不足な点があり、全国で利用が始まっても本来の効果を発揮できず、正確な…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経BPの関連記事

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]