米の対中圧力、輸出・投資・調達で テック摩擦を解説

ファーウェイ
中国・台湾
(1/2ページ)
2020/9/20 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

華為技術(ファーウェイ)やスマートフォンアプリ「TikTok(ティックトック)」をめぐり、米国が中国への圧力を強めている。中国への輸出、米国への投資、米政府の調達の3方面から法的な規制をかけるとともに、非常事態の際に認められる大統領の強大な権限を活用しており、全体像はつかみにくい。改めて解説する。(渋谷江里子、世瀬周一郎)

(1)中国への輸出 半導体以外も技術規制へ

米国の輸出規制は本来、安全保障…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]