脱炭素とエネルギー政策(4) 再エネを主力にする方策
京都産業大学教授 藤井秀昭

やさしい経済学
2020/9/22 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本の電力システム改革は1995年の電気事業法改正から始まりました。その後、電力広域的運営推進機関設立(2015年)、電力小売り全面自由化(16年)と進み、20年4月の発送電分離で電力自由化の新たな局面を迎えました。

既存の火力・水力・原子力発電による大規模集中型供給システムは、電力需要が旺盛な高度成長期につくられました。総括原価方式と規制料金による確実な投資回収が支える仕組みです。今後、電力シ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]