電子署名、法的懸念を解消
企業法務 変わる制度(7)

2020/9/19 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

在宅勤務の増加に合わせて、契約書などに電子署名を導入する企業が相次いでいる。現状で普及している電子署名サービスには現行法上は位置づけが不明確との指摘もあったが、政府は十分な本人確認の措置が取られている場合には、法的に有効であるとの見解を公表した。懸念が解消され、民間での利用に弾みがつくとみられる。

総務省、法務省と経済産業省は4日、電子署名の法的基盤となる電子署名法3条の解釈について見解を公表し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]