/

この記事は会員限定です

日本の営み映る庭の歴史 深みある様々な用途

儀式や食事、権威誇示の場にも 今江秀史

[有料会員限定]

「庭」というと池や花壇がしつらえられた「庭園」を思い浮かべるかもしれない。それらは庭のほんの一部だ。庭園や公園をつくる造園は近代的な学問をとおして誕生し、しばしば農学部など自然科学に振り分けられる。一方、「庭」は平安時代の前から現代まで日常生活の必要に応じて連綿と続いてきた営みだ。

私は京都市の文化財保護課で主に名勝を担当し、文化財の指定や修理・維持管理に携わってきた。並行して大阪大学の大学院で人...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1210文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン