「あてなる」あまづら、幻の味 植物から再現
清少納言も好んだ甘い液 正体探り当てる 神松幸弘

カバーストーリー
2020/9/22 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「削り氷(ひ)にあまづら入れて新しき鋺(かなまり)に入れたる」。清少納言は「あてなるもの(上品なもの)」として「枕草子」にこう書き残した。あまづらは古代、貴族に愛された甘味だったが、中世には砂糖に取って代わられた。私は普段、サンショウウオの生態研究を専門としている。門外漢ながら文理横断の研究チームを組み、あまづらの原料を調べて再現を試みた。

きっかけは地元の京都府向日市で参加している歴史サークル…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]