過去からの道標 作家 村山由佳

エッセー
2020/9/26 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

最近、独り暮らしの叔母とよく電話で話す。

79歳の誕生日を迎えた叔母は、今も週に3度は教壇に立ち、〈論理的な思考法に基づく論文の書き方〉を学生らに教えている。両親ともすでに亡くした私にとっては、とくべつ大切な肉親であり、心から尊敬する人生の先輩でもある。

電話の内容にはとりとめがない。お天気の話題に始まり、体調について、学校の行き帰りでの出来事、今どきの学生の珍回答、夕飯の献立から飼い猫の様子ま…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]