/

この記事は会員限定です

PC記憶装置「SSD」価格下落 在宅勤務の特需が一巡

7~9月大口、3四半期ぶり5%安 メモリー下落が波及

[有料会員限定]

パソコンに使う記憶装置ソリッド・ステート・ドライブ(SSD)の価格が下落に転じた。7~9月の大口取引価格は4~6月に比べて5%近く安い。在宅勤務の広がりを追い風としたパソコンやサーバーの特需が一巡。基幹部品であるNAND型フラッシュメモリーの値下がりが波及した。

パソコン向けSSDで指標となるTLC(トリプル・レベル・セル)の256ギガ(ギガは10億)バイト品は、7~9月の大口価格が1個38~39...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り833文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン