/

この記事は会員限定です

全国の漁獲量、10年で1.4倍へ 国が工程表

上限枠、ブリやホッケも 漁師の協力が不可欠

[有料会員限定]

魚を増やし、漁業を成長産業にすることを目的とする改正漁業法が12月に施行される。水産庁は9月中旬「いかに魚を増やしていくか」の具体策をまとめたロードマップを公表した。科学者らによる資源調査の対象魚種を現在の4倍の200種に増やす。漁獲量の管理もきめ細かく定め、10年後に全国の漁獲量を4割増やす計画だ。

魚は減っている。2019年の漁業・養殖業生産量は、1956年の統計開始以来最低の416万トン。と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り938文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン