ソニー「PS5」、399ドルの価格設定に透ける余裕

日経ビジネス
2020/9/24 2:00
保存
共有
印刷
その他

ソニー・インタラクティブエンタテインメントが発売日と価格を発表した新型ゲーム機「プレイステーション(PS)5」

ソニー・インタラクティブエンタテインメントが発売日と価格を発表した新型ゲーム機「プレイステーション(PS)5」

日経ビジネス電子版

「想定通りだ」。ソニーでゲーム事業を手掛けるソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)が発表した新型ゲーム機「プレイステーション(PS)5」の価格について、関係者の多くはこう口をそろえる。

SIEは9月17日、PS5を11月12日に発売すると発表した。価格は4K対応の光学ドライブを搭載する通常版が499.99ドル(日本では4万9980円)、ドライブ非搭載の「デジタル・エディション」が399.99ドル(同3万9980円)。価格と発売日が明らかとなり、年末商戦がいよいよ幕を開けることになる。

PS5は、ソニーにとって7年ぶりの新型ゲーム機。昨年10月に商品名を発表して以降、仕様や外観デザインなどを小出しにしてきた。ハードディスク装置に比べ高速なSSD(ソリッド・ステート・ドライブ)を採用してゲームの読み込み速度を従来の100倍に向上。3次元の音響システムに対応するほか、コントローラーにはゲームの状況や行動に合わせて感触が変化する機能を持たせた。これらの機能によりゲームの没入感がより高まるという。

約1年越しで明らかになった価格は、冒頭の発言が示すように「想定通り」に落ち着いた格好。そもそもSIEでは、399ドルをゲーム機本体が普及する「マジックプライス」として位置付けてきた。現行の「PS4」やヘッドマウントディスプレー「プレイステーションVR」の発売当初の価格も399ドルに設定。光学ドライブを省いた「廉価版」のPS5で399ドルを打ち出したのは、前例を踏襲した可能性がありそうだ。「(販売価格が製造原価を下回る)『逆ざや』もなさそうで、リーズナブルな価格設定だ」とエース経済研究所の安田秀樹シニアアナリストは指摘する。

■「2020年初頭には決定していた」

もっとも、PS5の価格からはSIEの余裕も透けて見える。同じく7年ぶりに新型ゲーム機を投入するライバルである米マイクロソフトよりもやや高い価格に設定したのだ。

マイクロソフトが9月上旬にひと足早く発表した新型「Xbox」の価格は、主力の「シリーズX」が499ドル(日本では4万9980円)、廉価版の「シリーズS」が299ドル(同3万2980円)。主力モデルはPS5とほぼ同じだが、廉価版はPS5より100ドル安い。「シリーズSはシリーズXに比べて、光学ドライブを省くだけでなく、CPU(中央演算処理装置)の性能を落としたりメモリー容量を減らしたりしてコストダウンを図っている」(エース経済研究所の安田氏)。それによって戦略的な価格を実現したようだ。

SIEは「今回発表した価格は2020年初頭には決定していた」と明かす。つまり、マイクロソフトの価格設定に左右されずに自社の戦略を貫けるだけの自信があるということなのだろう。

■ソフト販売のダウンロード比率7割強も

背景にあるのはPS4での成功体験だ。現行のPS4ではSNS(交流サイト)との連携やオンラインでの複数人によるプレーなどネットワーク機能をふんだんに搭載。定額でオンライン対戦や一部のソフトを遊べる「プレイステーションプラス」の会員数は、今年6月末時点で世界約4500万人になった。こうした顧客基盤をPS5でも構築できると見込んでいるようだ。

PS4向けゲームソフトの販売ではインターネット経由でのダウンロード購入も好調だ。ソフト販売のダウンロード比率は20年3月期に55%、コロナ禍で「巣ごもり需要」の恩恵があった4~6月期には74%にまで高まっている。光学ドライブを省いたPS5の廉価版の販売には追い風となりそうだ。

「驚異的なスピードと、思わず息をのむほどの最高の没入感を体験していただける日を心待ちにしている」。SIEのジム・ライアン社長兼CEO(最高経営責任者)は今回の発表に際してこうコメントし、PS5の成功に自信を見せた。

7年前の新型ゲーム機商戦では、マイクロソフトの「Xbox One」に対して100ドル安い価格を打ち出したSIEのPS4が勝利を収めた。PS5で「王道」といえる価格を設定したSIEの戦略は吉と出るだろうか。

(日経ビジネス 佐伯真也)

[日経ビジネス電子版 2020年9月18日の記事を再構成]

日経ビジネス電子版セット

週刊経済誌「日経ビジネス」の記事がスマートフォン、タブレット、パソコンで利用できます。雑誌発行日の前週の水曜日から順次記事を公開。日経電子版とセットで月額650円OFFです。

保存
共有
印刷
その他

日経BPの関連記事

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]