/

この記事は会員限定です

[社説]テラス席が問う道路の「主役」

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大で苦境に陥った飲食店を支援するため、国や地方自治体が道路利用の基準を緩和した。歩道の一部などにテーブルと椅子を置く「テラス席」を設けやすくなり、飲食店は密を避けながら営業できる。

パリやミラノなど欧州の主要都市で定番の光景が、日本でもみられるようになる。飲食店にとっては、大幅に減らした店内の座席を屋外で補い、換気の心配も減る一石二鳥の策だ。感染防止と経済を両立させる一助...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り590文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン