/

この記事は会員限定です

雇用対策、増税か減税か 「格差」「対中」過激論増す

米大統領選 危機への処方箋(1)

[有料会員限定]

11月の大統領選は米国を襲う多様な危機からの脱却が争点となる。戦後最悪の雇用情勢、感染者数の拡大が止まらない新型コロナウイルス、中国との国際摩擦。再選を目指すトランプ大統領と、対する民主党のバイデン前副大統領はどう処方箋を描くのか。

「経済はV字回復などではない。富裕層が豊かになって低中所得層は苦しくなる『K字回復』だ」。バイデン氏はKの字のように貧富の差がますます開くと主張する。新型コロナ禍は戦...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1578文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経電子版の「アメリカ大統領選挙2020」はアメリカ大統領選挙のニュースを一覧できます。データや分析に基づいて米国の政治、経済、社会などに走る分断の実相に迫りつつ、大統領選の行方を追いかけます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン