/

米ハワイ、規制一部緩和へ 事前検査で自主隔離免除

【ホノルル=共同】米ハワイ州のイゲ知事は17日までに、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため来訪者に14日間の自主隔離を求める措置を、10月15日から一部緩和すると発表した。渡航前の72時間以内に検査を受け陰性だったことを証明すれば自主隔離が免除される。

ハワイは旅行客の受け入れ規制を緩和する(2020年6月5日、ホノルルのワイキキビーチ)=AP

米食品医薬品局(FDA)が承認する特定の検査を受ける必要があり、主に米本土からの訪問者の増加が期待される。日本からの旅行者は事実上、今回の緩和措置では対象外とみられる。

年間1千万人が訪れるハワイの観光業は、新型コロナの影響で深刻な打撃を受けており、州当局は緩和措置を「経済の再活性化に向けた重要な施策」と位置付けている。

ハワイ州当局によると、同州の感染者は17日の発表で1万1105人、死者は107人。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン