[FT]低金利の罠 BISが示す
株高に異例の警鐘

ジリアン・テット
FT
FT commentators
2020/9/23 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

今年、株式投資家は中央銀行のために「万歳三唱」を叫び続けてきた。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は、3月に金融政策を劇的に緩和したことで、市場の総崩れを食い止めた。それ以来、米株式市場は何度も史上最高値を更新している。直近では、FRBは雇用を重視して高めのインフレを容認する新たな物価政策を導入した。16日、FRBがコメントを通じてこの政策を支持していることを明確にしたこともあり、株価は上…

FT commentators

米国版エディター・アット・ラージ

Gillian Tett 英国生まれ。93年FT入社、ソ連崩壊時に中央アジア諸国を取材、97~2003年東京支局長を経て現在、FT米国版編集長。2008年にBritish Business Journalist of the Yearを受賞。2009年には「愚者の黄金 大暴走を生んだ金融技術」で英Financial Book of the Yearを受賞。

    ソーシャルアカウント:

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

FT commentators

関連キーワード

電子版トップ



[PR]