京アニ新作映画公開、放火事件乗り越え「特別な思い」

2020/9/18 9:25 (2020/9/18 11:51更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2019年7月の放火殺人事件で36人が犠牲になった京都アニメーション(京都府宇治市)の新作映画の上映が18日、全国の映画館で始まった。犠牲者の志を継いで制作を続け、特別な思いが込められた作品だ。新型コロナウイルスの影響もあって公開は2度延期された。この日を待ちに待ったファンからは「素晴らしい作品を作り続けて」との声が聞かれた。

京都市の映画館では18日朝から行列ができ、初回の上映は満席となった。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]