/

米デルタ航空、資金調達9400億円に増額 マイル担保で

【ニューヨーク=大島有美子】米デルタ航空は17日、既に発表している起債と借り入れによる資金調達の規模を90億ドル(約9400億円)に増額すると発表した。内訳は社債が60億ドル、借入枠の設定が30億ドルとする。収益を生むマイレージ事業を担保に設定する。

航空会社は長期の需要低迷に直面する(4月、米ソルトレークシティー)=ロイター

新型コロナウイルスの影響で航空需要が戻らないなか、中長期的な資金確保が狙いだ。14日時点では借入枠も含め65億ドルとしていた資金調達額を、25億ドル積み増す。社債は5年債を利回り4.5%で25億ドル、8年債を利回り4.75%で35億ドルそれぞれ23日に発行する。デルタとマイレージ事業を手がける子会社が社債を共同で発行し、共同で借り入れる。

米航空会社の間では、コロナ禍で新たにマイレージ事業を担保とする手法を編み出している。デルタは2019年、マイル販売で61億ドルの現金収入を得た。マイル自体は航空会社にとって負債に当たるが、仮に航空会社が破綻しても再建し、飛行機が飛び続ければマイレージ事業は担保価値を保つとの発想に基づく。

ユナイテッド航空は6月、50億ドルの借入枠を新設する際にマイレージ事業を担保に設定した。アメリカン航空も約50億ドルの米政府からの融資にマイレージ事業を担保とする方向で調整している。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン