/

この記事は会員限定です

菅内閣の優先政策、コロナ対策58% デジタル庁に賛成78%

本社世論調査

[有料会員限定]

日本経済新聞社が16、17両日に実施した世論調査で菅義偉首相に優先的に処理してほしい政策課題を複数回答で聞いた。首位は「新型コロナウイルス対策」の58%で、2位は「景気回復」の42%だった。看板政策の「デジタル庁」創設は78%が「賛成」と答えた。

「コロナ対策」を優先課題に挙げる人の割合は世代や内閣の支持・不支持などにかかわらず各層で最も高かった。「景気回復」と回答した割合も全体的に高かった。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り807文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン