/

下村政調会長、菅内閣で衆院選を 公明幹部は否定

自民党の下村博文政調会長は17日夜のBS日テレ番組で、菅義偉内閣で衆院解散・総選挙に臨むべきだとの認識を示した。「国民のために働く内閣という意味で専門家を配置した。解散・総選挙しても良い布陣ではないか」と述べた。

一方、公明党の斉藤鉄夫幹事長は同日夜のBS11番組で、早期の解散に改めて否定的な考えを示した。

菅内閣の高い支持率を踏まえた解散論があることについて「世論や支持率は一瞬で変わる。有利な状況だから解散というのは一瞬で支持を失う」と強調した。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン