NYダウ反落で始まる 一時300ドル超安、ハイテク株に売り

2020/9/17 22:53
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=古江敦子】17日の米株式市場でダウ工業株30種平均は5営業日ぶりに反落して始まった。午前9時35分現在は前日比338ドル42セント安の2万7693ドル96セントで推移している。スマートフォンのアップルなど主力ハイテク株に売りが先行している。ワクチンの早期普及の期待が後退し、心理を冷やした面もある。

ニューヨークのウォール街=ロイター

米疾病対策センター(CDC)の所長が16日午前の議会証言で「年内のワクチン供給は非常に限られる」と述べ、米国民への普及は来年夏以降との見通しを示したと伝わった。

ワクチン普及の不透明感から、アメリカン航空グループなどの空運が下げ、航空機大手ボーイングも安い。ウォルト・ディズニーなど娯楽・レジャー関連銘柄にも売りが先行した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]