JR西日本の終電繰り上げ、飲食店や自治体に困惑

2020/9/17 21:53 (2020/9/18 6:16更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

JR西日本が17日、2021年春に主要12路線で終電を最大30分繰り上げる計画を公表し、繁華街の飲食店主やベッドタウンの自治体関係者に困惑の声が広がった。一方、専門家からは「企業に働き方改革を促すきっかけになるかもしれない」との指摘も。新型コロナウイルスの影響で在宅勤務などが広がる中、新たな生活様式を後押しする可能性もある。

終電繰り上げへの反応は様々だ。月2回ほど神戸線の終電を使う兵庫県芦屋市…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]