那須塩原市、宿泊施設にPCR 温泉街は客離れ懸念
クリック

2020/9/20 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

栃木県那須塩原市が市内のホテル・旅館従業員を対象とした新型コロナウイルスの定期PCR検査を巡って揺れている。市は多くの観光客が集まる宿泊施設への市民の不安払拭と、新たな観光モデルの構築をうたうが、市内最大の温泉街である塩原温泉は客離れを懸念する。風評被害への対応や財源の確保など不安要素を残しつつ、10月からの本格実施を迎える。

渡辺美知太郎市長が定期PCR検査の構想を明らかにしたのは7月16日の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]