/

この記事は会員限定です

那須塩原市、宿泊施設にPCR 温泉街は客離れ懸念

クリック

[有料会員限定]

栃木県那須塩原市が市内のホテル・旅館従業員を対象とした新型コロナウイルスの定期PCR検査を巡って揺れている。市は多くの観光客が集まる宿泊施設への市民の不安払拭と、新たな観光モデルの構築をうたうが、市内最大の温泉街である塩原温泉は客離れを懸念する。風評被害への対応や財源の確保など不安要素を残しつつ、10月からの本格実施を迎える。

渡辺美知太郎市長が定期PCR検査の構想を明らかにしたのは7月16日の定...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1164文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン